HOME奉仕事業 > ロータリー財団委員会

ロータリー財団委員会

☆高橋 秀樹

ロータリー財団の使命は、ロータリアンが人々の健康を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることです。
前年度に引き続き、ロータリー財団の使命をクラブとして果たしていくべく努めてまいりますが、例会でもご案内しましたように、今年度からご寄付を頂く方法を充実させることにしました。
事前にご申告いただければ、上半期あるいは下半期の会費を頂く際に、一緒にご送金いただくことができます。ぜひ積極的なご協力をお願い申し上げます。
活動内容としては、未来の夢計画に関しては、地区補助金、グローバル補助金を活用する奉仕活動プロジェクトを、国際奉仕、社会奉仕、職業奉仕の委員会と協力して立案、実施していきます。具体的には、ミャンマー医療支援プロジェクトを推進したいと考えています。
また、頂きましたご寄付がどのように有効活用されているかについて、機会をみつけて丁寧に会員のみなさまに発信し、浄財の必要性をご理解頂くよう努力していきます。
目標としては、会員一人当たり150ドルの年次寄付と、会員一人あたり30ドルのポリオプラス寄付を掲げたいと思います。また、べネファクター、ポールハリスフェロー、ポールハリスソサイエティー会員の増や、ロータリーカード利用者の増についても努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


ロータリー財団委員会 ◎得永 哲史 ○小林 敬直 秋山 博一 古田 秀衛 本田 晃

他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職及び地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進する国際ロータリーの使命を理解し、ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにするロータリー財団の使命に取り組む。

*未来の夢計画 標語:世界で良いことをしよう
地区補助金、グローバル補助金を活要する奉仕活動プロジェクトをクラブの年度活動の位置づけとする。国際奉仕、社会奉仕、職業奉仕の委員会と協力をして立案、計画をする。短期、長期のプロジェクトを考える。

  1. 地区奨学生和田直さんの帰国を受けて、帰国報告を計画する。
  2. ミャンマー医療支援のサポートを引き続き行う。
  3. 2018-2019年度 年次基金、ポリオプラス寄付、恒久基金寄付について
    地区数値目標新潟クラブ数値目標
    *年次基金 150ドル/1人当たり86名×$150=12,900ドル
    *ポリオプラス寄付 30ドル/1人当たり86名×$30 =2,580ドル
    *恒久基金 1名(1,000ドル)1〜2名
    今年度は上記の地区数値金額を目標に取り組んでまいります。

今年度は新しい年次基金の進め方(自己申告を会員皆様にお願いをし、年会費と同時に振り込んでいただくように)を皆様と一緒に行ってまいりたいと思っています。丁寧な財団の活動報告(地区補助金、グローバル補助金、奨学金等)をガバナー月信や財団ニュース等をアナウンスして、会員全てが関心を持てるようにそして会員が参加し活動できるよう努力していきます。


青少年育成基金管理委員会 ◎田中 堅一郎 ○本間 彊 池上 茂樹 細野 義彦

新潟ロータリークラブの独自の本委員会の設立、存在意義を会員に知らしめ理解を深めて頂き、恒常的な協力を呼び掛けていきます。

☆担当理事 ◎委員長 ○副委員長