HOME奉仕事業 > 社会奉仕委員会

社会奉仕委員会

社会奉仕 ☆佐藤 紳一

社会奉仕とは、ロータリー活動の基本の一つであり、地域の人達、生活の質の向上のために奉仕することでロータリアン、およびクラブにとっても素晴らしい活動となる事でしたら縁の下に徹し、委員会の風通しを良くし、たのしい委員会にしたいと考えております。1年間宜しくお願いします。


社会奉仕委員会 ◎小林 建 ○小田 等 矢野 達史 渡邊 毅
  1. 関屋浜海岸清掃
    例年の開催時期である夏休最初の日曜は、他団体、地元小学校区の清掃とも重なるため、より清掃の必要とされるお盆明けの時期に日程を変更する。また、時間も夕方に変更し、夕日を見ながらの懇親に改める。
    日時: 8/24(金)16:30集合、17:30懇親会開始
    場所:シーポイント新潟(変更なし)
    会費:5000円(補助は今後検討)
    用具類はこれまで市役所より借りていたが、手続きが煩雑なためゴミ袋を会で購入したい。ゴミ処理はシーポイント新潟に委託する(別途処理費が発生するなら会で負担)
  2. ロータリー保育園関係(クリスマス、豆まき)
    これまで通り継続。クリスマス訪問日は2018年12月21日、豆まきは2019年2月1日の予定。
    平日ではあるがローターアクトの協力ももらえないか検討お願いします。(サンタ、鬼役)
  3. 交通遺児を励ます会
    近年は参加する家族は減少、遺児家族よりロータリー会員の方が多い状況。参加する家族は他のイベントを通じても顔見知りであり、ロータリー会員との交流は特に望んでいない。また、市、県など各種の遺児対応イベント(TDL等も有り)もあり、当クラブの活動は一定の使命を終えたと判断し中止する。
  4. 障害者の就業理解のための活動
    交通遺児に代わり、社会的弱者への奉仕活動として障害者を対象に事業を行う。昨年度は発達障害に特化した就労支援組織の見学や、障害者アートに関する卓話を実施した。障害者はその障害の特性、程度により様々な課題があるが、ロータリークラブの特質上、 障害者雇用が最も役に立てるテーマと考え、下記の様な活動に取り組みたい。
    活動案
    ・障害者雇用の進んだ企業の見学、講演、意見交換
    ・大手の特例子会社の見学、講演、意見交換
    ・障害者の働き方に関するシンポジウム開催 等
    活動を通じて障害者が一人でも会員企業に就労出来れば、これに勝る奉仕はないと考える

☆担当理事 ◎委員長 ○副委員長